コラム

コラム 2022年3月30日

複数区でも“一人区”と同じ 兵庫、大阪で野党議席奪還するには府県境越えた連携で「一本化」/松本 誠(連帯兵庫みなせん 代表世話人兼事務局長)

参院選まで3カ月を切っても、立憲野党の候補者調整が遅々としている。今夏の参院選の焦点は、9条改悪をはじめとした平和憲法を“骨抜き”にする「改憲」を発議させないためにも、参院で改憲派に「3分の2」を占めさせないことにある。改憲派との際どい議席差の中で、この目標を達成するためには1議席でも多く、可能性のある選挙区では野党連…
コラム 2022年3月28日

紛争当事国が存在しない世界で防弾チョッキを供与するということ/ 杉原浩司(武器取引反対ネットワーク[NAJAT]代表)

3月4日午前、ツイッターで岸田政権がウクライナに防弾チョッキなどの供与を決めようとしているとの記事を読み、慌てた。紛争当事国への武器供与に道を開くどさくさ紛れの企てだ。官邸前に行って抗議しなければと思ったが、午後2時頃には国家安全保障会議(NSC)の4大臣会合で決まってしまった。あり得ないスピードは「ショック・ドクトリ…
コラム 2022年3月22日

市民連合プログレッシブ2022「TALK IT OUT」/第2回「戦争と原発-新潟の視点から」(パーソナリティ 佐々木實/(国際政治学者)のご案内

3月25日(金)20時~。市民連合プログレッシブ2022「TALKITOUT」/第2回「戦争と原発新潟の視点から」をお届します。パーソナリティは政治学の佐々木寛さん。ゲストは、宇宙物理学者の池内了さん、国際政治学者の前田幸男さん、原子力コンサルタントの佐藤暁さんです。〇TALKITOUT告知動画 第2回「戦争と原発新潟…
コラム 2022年3月15日

「大阪維新」に抗して参院選に望むこと
/「市民連合高槻・島本」呼びかけ人・二木洋子

ローカルパーテイー「大阪維新の会」(以下、大阪維新)は2010年4月に発足した。今から12年前だ。代表・橋下徹、幹事長・松井一郎、政調会長・浅田均、総勢30名だった。橋下氏は、自民推薦・公明支持で2008年1月大阪府知事に初当選、府知事1期目の折り返し点だった。現在、松井一郎氏は大阪市長・日本維新の会代表・大阪維新顧問…
コラム 2022年3月8日

参議院選、地域からボトムアップandヨリマシ選択
/鈴木国夫(市民と野党をつなぐ会@東京共同代表)

1.参議院選挙40議席以上確保のためには共闘が不可欠です(1)味方陣営を広く立憲野党が、次期参議院で三分の一以上を確保するためには、改選41に対して40議席以上を取らねばなりません(一部無所属を含む)。各党の議席数は選挙で変わりますが、現有議席数合計は、国民民主も含めたとしてこの数値です。また、立憲、国民民主の全国比例…