アーカイブ

衆院選2017 2017年7月21日

緊急シンポジウムを開催しました。

7月12日に中野ゼロホールにて緊急シンポジウム「ストップ安倍政治--改憲を許さない市民集会」を開催しました。第一部では山口二郎さんの講演「立憲主義と議会政治を守るための戦いを」、第二部ではパネリストとして長谷部恭男氏、香山リカ氏、佐藤学氏を迎え、パネルディスカッション「安倍流改憲とどう戦い抜くか」を行いました。暑い中、…
衆院選2017 2017年4月30日

衆院選で連立与党3分の2を阻止し安倍政権の退陣につなげる

2017年のうちに衆議院の解散総選挙があるのではないかと考えられています。289ある小選挙区の多くで、立憲野党(民進党、日本共産党、自由党、社民党)が候補者一本化に成功すれば、野党候補の共倒れを大幅にふせぐことができるようになります。そうすれば、連立与党(自民党と公明党)議席の3分の2割れを実現し、さらには、安倍政権の…
衆院選2017 2017年4月30日

立憲民主主義をないがしろにする安全保障政策

政府の勝手な憲法解釈の変更で、集団的自衛権の行使を容認する閣議決定を強行し、立憲主義や法的安定性を大きくそこねました。また民主的なプロセスとしても多くの問題を残したまま、憲法違反の安保法制の整備を強行しました。さらに南スーダンPKOで「駆け付け警護」を新業務に加え、国会でまともに説明責任を果たせない防衛大臣が、自衛隊員…
衆院選2017 2017年4月29日

参院選で見えた立憲野党の回復傾向をさらに伸ばす

2016年参院選では1人区において野党共闘が実現、全32選挙区で野党候補の一本化がなされました。その結果、野党が分断されていた2013年参院選(当時1人区は31)での計2議席に比べて、一躍11議席を獲得することができました。この実績を踏まえて課題や反省点に取り組むことができれば、小選挙区制のウェイトが重く、そのぶん野党…
衆院選2017 2017年4月29日

必要も大義もない「お試し改憲」論

安倍政権は、さらに憲法の明文改正をめざすとしています。参院選で争点隠しをしておいて、選挙後になって憲法のどの条文を改正するか議論すべき、と言いはじめたのです。日本維新の会などとしめし合わせて「お試し改憲」をやろうとしていますが、必要のない改憲に時間や財源をむだ遣いし、暮らしや経済を立て直す政策をおろそかにすることは許さ…