アクション

【ご紹介】「憲法をいかして、 いのち・くらしを守る政治の実現を」 5・3新聞意見広告カンパにご協力ください/憲法共同センターの呼びかけ

「戦争する国づくりストップ 憲法を守り・いかす共同センター」(憲法共同センター)は、5月3日の憲法記念日に新聞広告(「憲法をいかして、 いのち・くらしを守る政治の実現を」)掲載賛同を呼びかけています。

ロシアによるウクライナ侵略は国連憲章違反です。9条をいかした平和外交こそが戦争を起こさせない保障です。9条改憲、敵基地攻撃力保有や核武装など論外です。新型コロナの感染爆発が繰り返されるもとで、科学を無視し、医療ひっ迫や検査キット不足 を招くなど、いのちも憲法も守らない岸田政権。いまこそ、25条にもとづき、暮らしと福祉、医療や公衆衛生拡充など国の役割発揮 が必要です。

この意見広告は、2022年の憲法記念日に向け、憲法を壊す岸田自民党・公明党政権とその補完勢力である維新の会にNOの声を突きつけ、憲法をいかす政治を求める声を広げるとりくみです。 趣旨をご理解いただき、みなさまのご協力をお願いいたします。

〇意見広告掲載日 5月3日(火)/掲載紙 朝日新聞

〇団体名の掲載 2022年4月11日(月)までに振り込みがあった団体は意見広告に団体名を掲載します。そのため、必ず、メールまたは FAXにて、団体名、電話番号、振込日、振込金額、金融機関名を事務局までお知らせください。なお、4月11日以降の振込み団体はホームページ掲載となり ます。また、個人名は非掲載となりますのでご了承ください。

〇カンパ額 団体1口5000円、個人1口1000円(いずれも何口でも可)。振込先は、ゆうちょ銀行または中央労働金庫本店営業部となります。

  • ゆうちょ銀行 口座番号 00100-7-615100 加入者名 憲法改悪反対共同センター
  • 中央労働金庫 本店営業部/口座番号 普通預金 1548020 名義 憲法改悪反対共同センター

〇カンパ受入期間 2022年5月末までに送金をお願いします。

〇5・3新聞意見広告呼びかけ団体事務局(憲法共同センター)

連絡先 〒113-8462 東京都文京区湯島2-4-4全労連会館4F TEL 03-5842-5611

FAX 03-5842-5620 move@zenroren.gr.jp https://www.kyodo-center.jp/

〇5・3新聞意見広告呼びかけ団体

新日本婦人の会 / 自由法曹団 / 全国商工団体連合会 / 全国労働組合総連合 / 農民運動全国連合会 / 全日本民主医療機関連合会 / 日本民主青年同盟 / 平和・民主・革新の日本をめざす全国の会 / 憲法改悪阻止各界連絡会議 / 日本共産党 / 原水爆禁止日本協議会 /JMITU / 映画演劇労働組合連合会 / 全日本年金者組合 / 全日本教職員組合 / 日本国民救援会 / 日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会 / 日本平和委員会 / 日本婦人団体連合会 / 日朝協会 / 日本国家公務員労働組合連合会 / 日本ユーラシア協会 / 日本のうたごえ全国協議会 / 安保破棄中央実行委員会 / 障害者の生活と権利を守る全国連絡協議会 / 全国生活と健康を守る会連合会 / 日本自治体労働組合総連合 / 日本医療労働組合連合会 / 日本母親大会連絡会 / 日本民主主義文学会 / 全日本建設交運一般労働組合 / 労働者教育協会 / 日本美術会 / 新日本スポーツ連盟 / 新医協(新日本医師協会)

(3月1日現在)