ひろば

【ご案内】 公務非正規から問う。安心して暮らすための「公共」の実現へ!
公務非正規女性全国ネットワーク(略称:はむねっと)

■ 一年を経て、ハイブリッド集会を開催!

公務非正規女性全国ネットワーク(略称:はむねっと)が発足して1年になります。はむねっとは、この1年、「公務非正規労働従事者緊急アンケート」の実施、記者会見、様々なメディアでの発信、集会での発言などを続けてきました。そして地方紙を含む多くのメディアも、この問題を、危機感をもって捉え、取材・報道を重ねてきてくださっています。しかし、状況改善の兆しが見えてきません。公共サービスを支える“基幹的”で、“恒常的に必要な仕事”を、いま、全国の、不安定な働き手が、自らの将来にも、社会のあり方にも、大きな不安と、大きな疑問を抱えながら、ぎりぎりの状態で支えています。この状況を変えていくために、行動をおこしていきたいと思います。ご賛同・ご参加をおまちしています!

はむねっと発足1周年 ハイブリッド集会 https://nrwwu.com/gathering/1305/

あきらめずに声をあげよう!~公務非正規から問う。このままでよいはずがない私たちの社会

集会プログラム

◆基調報告:はむねっと発足1年 この間の取組みから

公務非正規労働従事者緊急アンケート、追加インタビュー調査、国、人事・公平委員会への働きかけとその後

◆リレートーク 現場からの声  図書館/博物館/相談支援/社会教育/学童/男女共同参画センター/ハローワーク/民間委託ほか

◆問題の位置づけと解決に向けた方策を考える 山本志都さん(弁護士)

主催:公務非正規女性全国ネットワーク(はむねっと)

後援:公益社団法人日本図書館協会、岩波書店

※賛同団体・個人を募集中です!是非、メッセージをお寄せください。

https://forms.gle/FMgTQzWPZHv9J5RQ9

■ 公務非正規女性全国ネットワーク(略称:はむねっと)とは

はむねっとは、2021年3月20日に開催した緊急オンライン集会「官製ワーキングプアの女性たち コロナ後のリアル」の準備に当たった女性たちが中心となり立ち上げた新たなネットワークです。

集会には、多くの団体・個人からの賛同が集まり、全国のさまざまな現場から、深刻な現状の訴えが集まると同時に、問題の解決に向けてより多くの人たちが手をつなぎ、声を上げていこうという熱い応援のメッセージが寄せられました。そして、この先も、活動を継続し、声を上げ続けていくことへの後押しをいただきました。

「公務非正規労働従事者への緊急アンケート」調査結果報告

https://nrwwu.com/movie/20/ → 緊急オンライン集会:動画(2021年3月20日開催)

公共サービスを担う公務労働の場をみると、国では不安定な条件で働く直接任用の非正規公務員が約16万人(女性は76,095人/47.8%「一般職国家公務員在職状況統計表」内閣人事局:2021年7月1日現在)、地方自治体では約112.6万人(「地方公務員の会計年度任用職員等の臨時・非常勤職員に関する調査結果」総務省:2020年4月1日現在)、新たな制度である会計年度任用職員制度に基づく「会計年度任用職員」約62万人のうち8割近く(76.6%)は女性となっています。さらには、民間委託も広がっており、民間委託された公務現場でもたくさんの非正規の働き手がいることも確認されています。

本来、私たち一人ひとりが、安心して暮らすための「公共」が、現場から、崩されていってしまっています。公共は、本来、利益を前提とした民間とは異なる役割をもつ領域であり、そうした場所を維持するためには、そこで働く人たちの「安心」や「安定」も確保される必要があります。

  • はむねっとの活動

はむねっとでは、当事者を核に、(1)調査、(2)国等への要望書提出、(3)「語り場」、(4)情報発信等の活動をおこなっています。詳細についてウェブサイトのURLとともに記します。ぜひ、ウェブサイトを訪問してくだされば幸いです。

(1)調査

①公務非正規労働従事者への緊急アンケートを実施(2021年4月~6月)

https://nrwwu.com/survey-2/899/

全国の都道府県から1,305件(有効回答数:1,252件)の回答が寄せられ、9割以上が女性でした。アンケート結果報告の記者会見を7月5日に実施しています。

②公務非正規労働従事者への緊急アンケート調査・追加インタビュー実施(2021年9月)

(2)国等への要望書提出

①緊急要望書「非正規公務員の統計から性別集計の表示をなくさないでください」を内閣人事局、総務省に送付(2021年5月4日→6月14日/電話回答)

国へ要望書提出

https://nrwwu.com/uncategorized/857/

②要望書「メンタルヘルス調査対象に非正規公務員を加えてください」を総務省に送付(2021年7月27日→9月2日/文書回答)

https://nrwwu.com/news/1006/

③要望書「会計年度任用職員制度を見直してください」を内閣総理大臣、総務大臣、厚生労働大臣に送付(2021年11月26日→2022年1月21日/電話回答:厚生労働省、1月25日/文書回答:総務省)

https://nrwwu.com/release/1340/

④「女性の非正規職問題の対象に、公務部門の非正規職も入れてください」を男女共同参画・女性活躍大臣に送付(2021年11月26日→2022年2月9日/メール回答:男女共同参画局)

https://nrwwu.com/release/1359/

⑤要望書「令和3年度の職員の期末・勤勉手当に関する減額勧告について、会計年度任用職員を対象としないでください」を都道府県・政令指定都市等人事委員会委員長69名に送付 (2021年12月8日→2022年2月1日までに、全ての人事委員会から文書回答)

https://nrwwu.com/release/1308/

(3)「語り場」開催

当事者として、学校司書、ハローワーク相談員、国施設の期間業務職員(元)の方々が、仕事や待遇、希望について語ってくださいました。

https://nrwwu.com/category/gathering/narrative/

(4)情報発信

はむねっとホームページでは、調査や要望書の発表とともに、メンバーが関連学習会、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などの各種媒体で発表した情報を紹介しています。

https://nrwwu.com →公務非正規女性全国ネットワーク:ウェブサイト