アクション

【ご案内】 憲法審査会強行やめろ!改憲発議反対!辺野古新基地建設中止!敵基地攻撃能力保有反対!防衛予算拡大するな!いのちと暮らしと営業を守れ「2.19国会議員会館前行動」

第208回通常国会(1月17日開会)の施政方針演説で岸田首相は改憲について「機運醸成にむけ、積極的な議論を」と呼びかけ、「敵基地攻撃能力を含め、あらゆる選択肢を排除せず検討する」として防衛力強化についても言及しました。これに連動するように、「自民党憲法改正実現本部は改憲の機運醸成に向けて本腰を入れる」として2月6日に岐阜市で地方集会を開催、「5月の大型連休までにすべての都道府県で開く予定」と報道されています(JIJI.COM/2月7日)。自民党の「草の根」改憲運動が始まりました。また、憲法審査会が日本維新の会などのリードで異例の早期審議が開催されることになりました。

こうした国会内外の動向に対して、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会と9条改憲NO!全国市民アクションは共催で「憲法審査会強行やめろ!改憲発議反対!辺野古新基地建設中止!敵基地攻撃能力保有反対!防衛予算拡大するな!いのちと暮らしと営業を守れ2.19国会議員会館前行動」に取り組まれます。

 

〇日時:2月19日(土)14時00分~15時00分

〇場所:衆議院第二議員会館前

〇共催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会/

9条改憲NO!全国市民アクション

*<参加に際してのお願い>

新型コロナウィルス流行の問題があり、風邪をひいているなど体調の悪い方や体力に自信のない方はご遠慮くださいますようお願いします。マスクの着用をお願いします。

できるだけ各自のプラカード持参をお願いします。密集を避けるため、スピーカーを国会図書館前まで延伸しますので、そちらも御利用下さい。