News

October 10 2017

10.10【第48回衆議院議員選挙公示に際して】

本日、第48回衆議院議員選挙が公示され、投票日10月22日までの選挙戦が始まりました。

私たち市民連合では、この間、全国各地の市民の皆さんと連携し、日本共産党、立憲民主党、社会民主党に対して、立憲主義を守り9条改悪を阻止することなどを柱とした7項目の基本政策の要望を提出し、これらについての基本的な合意を踏まえて可能なかぎりの候補者一本化と選挙協力を求めてきました。その結果、全国の多くの小選挙区において、立憲三党の候補もしくは志を同じくする無所属候補への一本化が実現しました。

これまで粘り強く全国各地の市民の皆さんが共闘を呼びかけてきたからこそ、短期間のうちに相当数の候補者調整が可能となりました。また、安保法制や憲法改正への賛成を条件に民進党から希望の党への合流者を「選別」「排除」する方針を潔しとせず、立憲民主党の立ち上げに参加もしくは無所属で選挙に臨むことを決意した候補者の皆さん、市民と野党の共闘を前進させるために大きな努力をいただいた日本共産党と社会民主党の皆さん、それぞれの勇気がなければ、こうして有権者に対して暴走する安倍政権に対峙する「意味のある選択肢」を示すことはできなかったでしょう。皆さんの英断に改めて深い敬意を表明します。

日本の立憲民主主義と平和の命運を決する選挙は、これからがまさに本番です。私たち市民の力で、立憲共闘候補を一人でも多く国会へと押し上げることが必要です。そのためには候補者が一本化できた小選挙区での当選だけでなく、残念ながら候補者調整が間に合わなかったところでも互いに切磋琢磨し、比例区においても、立憲三党それぞれが一票でも多く獲得することが、さらなる憲法破壊をくいとめ、尊厳ある暮らしを守るためには不可欠となります。

いっそう大きく強固な立憲民主主義の砦を築くべく、私たち市民連合も全力を尽くします。
立憲三党、立憲共闘候補、そして市民の皆さんのご健闘を心より祈念いたします。

2017年10月10日
安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合