市民と立憲4党の共闘の原点は、尊厳ある個々人の暮らしを守るための「リスペクトの政治」。 そこから浮かび上がる日本の課題、また必要な政策対応はどのようなものなのでしょうか。 市民の声に応え、衆院選で確かなオルタナティブを提示するために、 立憲4党それぞれが構想する未来の展望をじっくり聞いてみました。


May 15 2017

立憲4党と語る、
これからの日本
日本共産党編

共産党の大転換——野党共闘へ

津田 共産党にとって、野党共闘は非常に大きな転換ですよね?

小池 大転換ですよ。これまでは「全国レベルでは、国政選挙の協力はやらない」という方針でやってきましたから。やっぱり全国的に広がった市民の運動の影響が大きいです。国会前で直接「野党はがんばれ!野党は共闘!」と言われる。私も含めて共産党の議員はみんな、これを共通の体験として持っています。
「このままじゃダメだ」と、みんなが同じ温度でそれを感じています。だから、野党共闘、選挙協力を決めたときには党内にも反対意見はほとんどありませんでした。昔からがんばってきた共産党員の皆さんが、若者たちが街頭や国会前に出てきたことに感激しちゃったんですね。

 三重でも最初は、民進党が共産党とは一緒にやらないと言っていて、大変でした。でも、共産党は電話を10万本かけるなど、下支えをしていました。

津田 吉良さんは、個人的な思いとしてここを変えたいというのはありますか?

吉良 国民目線が欠けている政治を変えたいです。自分自身が取り組んでいるのは、ブラック企業の問題です。

津田 議員になられてから、受け止められ方や、反応が変わってきたという実感はありますか?

吉良 国会議員になってブラック企業問題で政治が動いたことは大きいです。議員になりたてのころは、規制のキの字もありませんでした。残業の上限規制など、少しずつ話題に上がるようになりました。たとえば、和民などのいわゆるブラックとされてきた企業自身も変わると宣言しています。しかし、まだまだこれからです。ブラック企業によって自殺するくらい追い詰められている若者が増えています。

津田 奨学金の問題もようやくクローズアップされるようになりましたね。

吉良 奨学金というローンがあるのに、雇用状況も悪くなっています。奨学金給付型制度を広げること、学費を下げて無償化を目指すことも「ブラック企業」をなくす上でも重要だと思います。

津田 共産党は高い理想を掲げられていると思います。その理想は素晴らしいのですが、一方で、「財源は足りるのか?」「現実にはできないのでは?」と考える有権者がたくさんいます。安保法制も、沖縄基地の問題も「現実をみろ」という形で追認してしまう。どうすればそういう人たちに届くのでしょうか?

小池 決して届いていないわけではないと思います。実際に、問題が目の前に突きつけられたときには選挙で結果がでています。例えば沖縄では、選挙で新基地建設反対の明確な民意が示され、沖縄県選出の自民党議員は1人もいなくなりました。福島でも自民党の現職大臣が落選しています。
安倍政権はありとあらゆる手段で嘘とごまかしをやっています。それが通用しなくなったところでは、野党が勝っているのです。僕らの課題はそのごまかしをあばくこと。まだ届いていないというのは、伝えきれていないということです。

 共産党としてのいまの課題はなんですか?

小池 いま共産党員が30万人、赤旗の購読者は120万人で、率直にいって減少傾向にあります。未来に向かってつなげていくために、若い人たちを党の中にもっと増やしていかないといけません。工夫はしていますが、さらにアピールのしかたを改善しなければなりません。なにより「日本をこう変える」というポジティブなメッセージを発信していきたいですね。
それと、吉良さん、池内さおりさん、山添拓さんと、東京だけでもこういう若い議員が増えて、イメージがどんどん変わってきています。そういう人たちが全面にでて、党を代表してテレビなどに登場する機会をふやしたいですね。

津田 党内で議論して決まった方向性について、不満があるか調査をすると、共産党と公明党はほとんど不満がなかったという結果が出ていました。「なるほど、これは統制されているな」と思ったのですが、意見の多様性についてなどはどう思われますか?

小池 けっこう激しい議論をしていますよ。もちろん意見が対立することだってあります。他の政党はその対立を表に出てしまいますが、うちはそれを表立ってはやりません。

一同 (笑)

津田 最後に一言ずつお願いします。

吉良 先ほど話に出ましたが、理想と現実について、確かに「現実をみろ」というのはわかります。しかし、原発ありがいいか、なしがいいか。戦争か、平和か。学費は無償か、有償か。どっちがいいかと言えば、答えは明らかだと思います。人間には本質的に社会をよくしたいという要求や理想があり、そういう訴えはもっとあるはずです。だから国民のみなさんは、もっともっと自分の理想を出して欲しいです。原発をなくしたい、平和がいい、学費を無償にしたい。だったら声をあげましょうよ。引き受けて考えるのはわたしたち議員なのですから。そして、答えられるように努力して政策を作ります。一緒に変えましょう。

津田 共産党の人に困っていることを相談したら親身になって聞いてくれたという話はよく聞きますよね。

小池 共産党に興味があったら、共産党の支部は全国に約2万あり、これは、小学校の数と同じくらいです。ぜひ声をかけてみてください。みなさんの地元に必ずあるので、ドアを叩いてくれたら嬉しいです。

津田 ありがとうございました。